2018/07/30

Classic


M10の新しいファームウェア ver.2.4.5
ベース感度がISO100→200になった

ハイライトの階調が良くなった気がする

8 件のコメント:

  1. おはようございます!!
    どんどんいい方向にアップデートして
    ほんとであれば、ほとんどいじる必要のない満足度の高い質感になればいいですね

    返信削除
    返信
    1. voyagers-xさん、どうもです。
      ファームウェアのアップデートでベース感度が変わるっていうのはなかなか無いのでは?と思います。
      機能アップのファームウェア更新は今でこそどのカメラメーカーさんでもやってますが、それこそリコーGRが最初にやった時は大きな話題になりましたね。
      なんか懐かしい。(笑)

      削除
  2. そうですね、なんと無くハイライト部分の深みが少し滑らかになったような気がします^^
    summaronのせいでしょうか? 
    キレのsummiluxに文句のつけようもありませんがこのsummaronのフィルムチックな
    しっとりとした描写も好きです^^

    返信削除
    返信
    1. coba-gさん、どうもです。
      この写真ではレンズのせいかファームアップのせいか良くわかりませんね。(笑)
      ↑でも書きましたが、ファームアップでベースISOが変わるなんて正直初めてでした。
      あまりないケースなのでは?
      M10が出た時、typ240系と比べてこの辺り(階調性)を指摘してる人がいたのを思い出しました。

      削除
  3. 私は速攻FWアップした口です
    ベース感度はAutoでISO200からとのことですが、どうやら旧FWでのISO100での転びというか階調不足が指摘されていてそれへの対応のようです
    マニュアルならISO100がつかえるので気になりません
    そしてM240系の濃厚な階調との比較でベースを200にしたとの情報をえましたよ
    だからいいんじゃないかと(笑)

    返信削除
    返信
    1. Desireさん、どうもです。
      なるほどそういう事情があったんですね。cmosの特性なんて最初からわかってるのにファームアップでベース感度を変えるなんて珍しいなーと思ってたんです。
      なんかスッキリしました。ありがとうございます!

      削除
  4. いい色ですねえ。
    まだ外は明るさを残していますが、それがまたいいですね。

    返信削除
    返信
    1. mintonさん、どうもです。
      ありがとうございます。
      こう暑いと写欲も低下気味になりますねー。
      カヌー、気持ちいいんだろうな〜。(笑)

      削除