2018/02/28

海とワインと悦に浸る



最近 散歩しながらふと自分のX-Pro2に目をやると「Graphite Editionは
やっぱカッコイイなぁ~」と改めて思うことがある
塗装が美しいことはもちろんだけど 特に僕のお気に入りはダイヤルに
刻印されている文字がクリーム色であること

ちょうど1年前ノーマルX-Pro2から結構な差額を払ってGraphiteに乗り
換えたことを「バカだねぇ~」と思った人も多いと思うし ましてや街行く人
々はブラックかグラファイトかなんて全くわからない差だろうがけど この
楽しみは誰にも気付かれない密かな楽しみ (笑)


『X Stories-X-Pro2 グラファイトカラーが誕生するまで』


6 件のコメント:

  1. おはようございます ! !
    一番大切なのは使う本人がどっちが一番気持ちようく使えるか
    ですね
    ちょっとした違いでも本人とっては大違いですね

    返信削除
  2. voyagers-xさん、おはようございます。
    おっしゃる通りですねぇ~。自己満足が大事です。(笑)
    それらの積み重ねが撮る勇気を与えてくれたりもします。(^^)

    返信削除
  3. Neoribatesさんともお話ししたのですが機能美で大事なのは単にスペック的に機能的であるだけではなく
    色や形、重さや厚みなど感覚的なところも含めての話でそこを除いては語れませんね^^;
    M10が薄くなっただけでどれほど評価が上がったことか、特にちょっとした色の加減で不評を買った商品の
    多い事が物語ってるかと思います。車とカメラについての機能美は譲れないラインがあって然るべきかと・・・(笑)。
    この50/2R、ブツ撮りもいいですね〜。レンジファインダー感覚の75mmっていいですね、DP3Merrillも含めて^^;

    返信削除
    返信
    1. coba-gさん、どうもです。
      おっしゃる通りエモーショナルなところに響くのって重要ですよね。
      あんまり拘りが多くても面倒くさいことになるんで、気をつけてます。(笑)

      削除
  4. 旨そう…そう思っちゃう一枚
    海辺でワインと楽しい語らい
    隣にはかわいいオネーチャン
    だったら楽しいだろうなぁ…と妄想の一枚でした(笑)

    返信削除
    返信
    1. Desireさん、どうもです。
      休日の昼間にこういうところでいただくのは最高ですね。
      かわいいオネーチャンがいたがどうかはご想像にお任せしますが。(笑)
      妄想バンザイです!(^^)

      削除