2018/07/20

もなかアイス



Magnum Photosから先月初に購入したスクエア
プリントの発送連絡があった
届くのが楽しみです (^^)

ちなみに購入したのはDennis Stock氏の「Venice
Beach Rock Festival. 1968」という作品
氏の写真は全くと言っていいくらい知らないけど
写真にピピッと惹かれて購入
たまにはこういう買い方もいいものです (^^)


この週末も相当暑くなりそうですね
ご自愛ください

Have a nice weekend...

2018/07/13

CLOAK for LEICA



高橋デザインプロデュースのCLOAK for LEICAが僕のところにも届きました

ライカの赤バッジには色々と拘りのある人もいらっしゃるようだけど 僕的に
は有っても無くてもどちらでもいいかな?ってくらいです
もう少し正確に言うと 随分前はM型には赤バッジ無しが断然好みだったん
だけど 最近はどちらも”有り”な気がしてそれぞれ良いなぁ~と思うようにな
った次第 (笑)
なので今回のCLOAK for LEICAは僕にとってはプチカスタマイズ的な意味
合いが強い

CLOAK for LEICAは試作品の段階から何回か拝見させてもらっていたんだ
けど 昨晩届いた正式版は実はちょっとイメージが違っていた
過去何回か見せていただいた時はマッドな感じの全面ブラック-悪く言えば
黒のボタン?的な印象だったんだけど、正式版は素材の大理石の質感がか
なり前面に出ていて角度を変えて光を当てると石の特有のキラキラ感も残る
仕上がりになっていた
これが天然素材の部位によるものなのか 全てのモノがこうなっているのか
或いはそもそも試作品で僕が見逃していたのかはよくわからないが 僕はこ
の上品で高級感がある仕上がりがちょっと普通じゃない感じでとても気に入
っている (笑)
(石のキラキラ感を撮りたかったのですが上手くいかずすみません ^^;)

既存の赤バッジを外すことなく(加工することなく)装着できるのことが最大の
売りのCLOAK for LEICAだけど そのコンセプトはそのままにこういう付加価
値を付けて製作するのは流石だと思う
今度お会いした時には大理石の素材を選んだプロセスを含めて聞いてみた
いと思う(笑)

あと些細なことだけど 何度か付けたり取ったりすることを想定して予備のシ
ールが2枚付属していることも何とも高橋さんらしい気遣いだった (笑)

赤バッジのないM10-Pもそろそろ発売される頃だけど このオリジナリティー
はそれはそれで所有欲を満たしてくれるのではなかろうか

2018/07/11

75mm APS-Cとフルサイズ

X-Pro2,XF 50mm F2 R WR


Leica M10,Heliar Classic 75mm F1.8 VM


X-Pro2,XF 50mm F2 R WR


Leica M10,Heliar Classic 75mm F1.8 VM


2本持ち出したので撮り比べしてみました

適当な比較ですみません
何となくこんな感じということで ご参考まで…


2018/07/10

XF 50mm F2 R WR (2)



このレンズを使いだして半年が経った
そんなに持ち出しているわけじゃないけど 半年使って新たにわかったこともあるので書き留めておこうと思う

  • 筐体がコンパクト
これは最初から感じていることだけど 換算75mmのレンズでこのコンパクトさはやはり何よりも嬉しい
小さくて軽いのに防滴防塵、しかも写りも良し
3拍子どころか4拍子揃っている(笑)
  • 撮影リズムがいい
OVFとEVFをすぐに切り替えられるX-Pro2で使うと軽快なリズムで撮影が出来る
M型ライカで75mmとなるとどうしてもピント合わせにかなり気を使うし Visoflexも使いたくなる

その点X-Pro2は街をスナップ的にサッと切り撮る時はOVFで 近接撮影等でしっかりピントを合わせたい時はEVFで…と手元のレバーひとつで瞬時に切り替えられ撮りたいものをストレスなく思うように撮ることが出来る
これは35mmでも50mmでも同じなんなんだけど75mmの中望遠レンズを使う場合このメリットがとてもよく体感できる
とにかくM型で75mmを使うのに比べて撮影が楽なのである (笑)
  •  寄れる
ライカに比べて寄れる!(笑)
このレンズの最短撮影距離は39cm Mレンズは寄れても70cm~なので相当寄れる感覚
寄れる=APS-Cでもボケる!のである (笑)
  • ボケとか描写とか
一方やはりボケの大きさはフルサイズにはかなわない
感覚的にはフルサイズで1段分絞った感じ 75mmf2.8のレンズを使っている感じと言えば分りやすいだろうか?
また描写も極めて優等生でライカのレンズでよく言われる”レンズの味”みたいなものはあまり感じない
f2以下の大きなボケと描写の味を楽しみたいならやはりライカや他の75mmレンズを選ぶことになろう
  • 付属のレンズフードがいけてない
筒型のレンズフードが付属しているがX-Pro2には格好悪すぎて使う気にならない 
幸いにして逆光性能もいいので僕的にはフードなしでも特段気にしていない


関連投稿:その1はこちら

2018/07/09

凌霄花


いつもはこの花が咲くと蝉が泣き出すんだそう…
今年は早くて蝉はまだ間に合わない

海蔵寺にて

2018/07/04

津軽の空と日本海



日本海岸と太平洋岸
出会った若者は雲が違うと言っていた
雲かどうかはわからないけど確かに
空気感は違うと思った

2018/07/03

思い出ノート



JR五能線/驫木駅


木造の駅舎とこのロケーションで特定の人々の間では
結構有名らしい (笑)

僕の思い出はここに来る前の坂が結構きつかったこと (笑)

2018/06/25

五能線の旅



この週末はブロンプトンを連れて青森に行って
ました

観光列車『リゾートしらかみ号』に乗って 白神
山地をトレッキング&ポタリングして 露天風呂
に浸かりながら日本海に沈む夕陽を見て そして
また走る...
そんな鉄分多めな自転車旅でした

海と五能線に沿って西津軽の海岸を走るもんだ
から どっかでディーゼル列車も撮りたいな〜と
ペダルを回しつつ撮ったのがこの写真
とは言っても 1時間に1本も来ない超ローカル線
なのでなかなかタイミングが難しいんだけど 駐
車場も何もないこんな場所で シャッターを切れ
るのも自転車旅ならではだと思う

2018/06/19

Capture One ProとLightroom



何故、今になって現像ソフトの話?って言うとPhase One社から「48時間限定でCapture One Pro(以下「C1pro」)を50%オフで販売します」とDMが来たから (笑)

余談ですが50%オフで買うにはDMからリンクされた専用のページにアクセスする必要があり かつそのページは通常のwebサイトからは辿り着けないようになっていたことから 今回のDMは僕のような”過去ユーザー(僕はver7までライセンスを持っていたけどそもそもC1proの価格が高いこととからアップグレードをしていなかった)”にターゲットを絞って送られてきたものと思われます
まあ半額と言っても1.8万円ほどするので安くはないのですが… ^^;

前置きが長くなりましたが本題です
ここからはちょっとマニアックな話になるので(笑)興味のない方はスルーでお願いします (笑)

2018/06/18

あじさい小径


花冷えの週末でした


-追記-
大阪で強い地震があったようですね
家人の実家(西宮)も相当揺れたみたいです
皆様のご無事をお祈りします
お気をつけくださいませ

2018/06/15

梅雨とW杯の季節


雨の季節…
ローライやライカを持ち出すのは少し億劫になる
けどその点 X-Pro2はガシガシいける...
レンズも防滴防塵のレンズが揃ってきたし 雨の
日も積極的にシャッターを押していきたい


そしていよいよW杯ロシアが開幕…
日本代表がアレなんで世間的にはかなり盛り上が
りに欠けているけど サッカー好きの僕にとって
ははやり4年に1度のお祭り
ワクワクが止まらない (笑)

とりあえず今日の夜中のポルトガルvsスペインは
見逃すわけにはいかない超注目カード
3:00amまで起きているか 3:00amに起きるかそれ
が問題だ (笑)

2018/06/10

海辺に咲く



こんなに綺麗な景色を見ているのに
ふとした瞬間に涙が溢れる

きっと彼女は何をしていても涙が流れることだろう

悲しみが止まらない

2018/06/07

ただ、ただ淋しい



大切な、大切な友人が亡くなった

享年49歳

あまりにも突然だった


奥様が喪主の挨拶の中で

「…私はと言えば、ただ、ただ淋しいです」

と涙ながらに話した声が耳から離れない


僕は

ただ、ただ悲しい

2018/05/29

SNAPS ITALIA



高橋さんの写真集 SNAPS ITALIA 2010-2017...
アマゾンでも買えるようになったみたいです

SNAPS ITALIA 2010-2017 - Amazon

写真ももちろん素晴らしいのですが 印刷も高
橋さん拘りの印刷で(笑)素晴らしい仕上がり
となってます
まだの方は是非...

2018/05/24

IVY PLACE



Saul LeiterのEarly color...
日本ではしばらく絶版になってて欲しい人も
いらっしゃるのではないでしょうか?

第8刷版がこの5月に発売になったよう
Steidlで38ユーロです


2018/05/18

代官山にて



週末 (遊びで)忙しくてなかなか写真が撮れない (笑)
撮りたいな~っていうpassionがだいぶ溜まってきた
どっか撮影に行きたい

というわけで みなさん
Have a nice weekend... (^^)

2018/05/11

ローライのメンテナンス



ローライの修理で有名なロイ・カメラサービスさんが今年の3月で閉
店したことを今頃聞く
店主の竹川氏の御年を考えればこうなることは容易に想像できたはず
なのに迂闊だった

僕の3.5FをOHしてもらったのは2011年だから丸7年が経過している
カメラ自体の調子は快調なものの 今後のことを考えると閉店する前に
もう一度メンテしてもらうんだったと今更ながらの後悔

2018/05/09

Leica M10とSDカードの相性



突然ですが M10ユーザーの皆様 SDカードは何をお使いですか?

”M10で使用するSDカードはUHS-1をお勧めします”とライカからアナウンスされていた記
憶があったので僕はM10使用当初から「SanDisk Extreme ProUHS-1 SDXC 95MB/sec」
というカードを使っていました (ちなみにこのカードはSanDiskのHPでもM10動作確認済
みとなってるカードです)

ですが 電源onやスリープからの復帰速度がtyp246と比べてちょっと遅い気がするのとSD
カードを挿入直後にPLAYボタンを押すと「カードが挿入されていません」とエラーが一瞬
表示されることがあったりと??と思うところがあったのでカードを換えてみることにしました

購入したのは同じSanDiskの「Extreme Pro UHS-Ⅱ SDXC」というカード
(読出しmax300MB/sec 書込みmax260MB/secと現時点で激速のカードです)

M10自体がUHS-Ⅱに対応していないのでこのmaxスピードの恩恵は得られないし当然
SanDiskのHPでもM10は動作確認リストに入ってませんが実際 起動もスリープからの復
帰も早くなったし エラー表示もなく極めて安定してるんですね これが...

いやはや何とも SDカード選びは難しいものです


ちなみにこのカードを使った時のM10のスリープからの復帰はだいたい1秒ちょっとくらい
でしょうか...
激速のM9よりは遅いですが 僕の使い方だとレリーズボタンを押してカメラを構えるまで
には復帰している状態なので実用上待たされる感覚はないです

些細なことですが こういう発見&改善ってじんわり嬉しいものですよね (笑)


2018/04/26

2018/04/23

夏日の4月



この週末はいい天気&暑かったですね
久しぶりに洗車して少し涼しくなってから屋根を開けて海沿いをドライブ…

最高だね (^^)

2018/04/19

typ246のこと



M10が手元に来てからもうすぐ1年が経とうとしているけど
その一方で実はM Monochrom(typ246)の出番が激減し
ている

M10のモノクロとtyp246のそれはやはり違うし シャープ
さや階調性等でtyp246の方が勝っているとは思うんだけ
ど如何せんM10からボディを持ち替えるとその感触の違
いが大きい
もう一つtyp246の大事な要素として「モノクロしか撮れな
い」というストイック性、撮る時の精神性も現時点ではM10
のしっくりくる感触の方が僕的には勝っているということな
んだろう

防湿庫からカメラを取り出す時 「最近使ってないから今
日はMMにするか」とわざわざ意気込まない限り自然と
M10を手にしてしまう


「M10 Monochromが出たら買うか?」と聞かれれば「臨
時収入があればね…」って答えるかな?(笑)

2018/04/18

TOTSZEN BAKER'S KITCHEN



大倉山を散歩していた時に見つけたパン屋さん
テラスでサービスの珈琲とともにいただけます

2018/04/11

アラーキーのこと



数日前からtwitterとかで騒がれているアラーキーとKaoRiさんのこと…
正直 後味が悪いというかなんだかなぁ~という感じ

芸術を盾にしたセクハラ、パワハラは当然にしてダメだけど それを
以てしても今回のKaoRiさんの告白?告発?は何かもやもやさせら
れる

一番のところはKaoRiさんが15年もの長い間アラーキーのミューズ
でいたことかな?

結局 2人にしかわからないことだけど (僕を含めて)写真のことや
アラーキーの写真をよく知らない人がミートゥーとかの流れに乗って
「アラーキーはとんでもないヤツだ」などと騒ぎ立てている話は聞き
流した方が良いと思う



2018/04/09

Tokyo Street / ZINE



カメラマガジンなき今(って無くなった訳じゃないけど ^^;)
最近僕が注目している雑誌はこれ

Tokyo Street/ZINE
http://voidtokyo.media/

VoidTokyoという写真集団が刻々と変化し続ける東京の
街を切り撮った写真たち
それだけで構成されている雑誌だ

カメラマガジンとはコンセプトもターゲット層も異なる雑誌
だけど 表現者として写真だけで真っ向勝負しているのが
気持ち良い
生憎 知るのが遅くてVol.1は買い逃してしまったがvol.2
vol3と買い続けている
今はいくつかの書店でも取扱っている(当初はwebからし
か買えなかった)ようなので 見かけたら一度手に取って
みることをおススメしたい

2018/03/26

日常



Leica X2で切り撮る日常...

柔らかな光 柔らかな描写

いいよね X2

2018/03/22

三寒四温



昨日は寒かった
横浜では季節外れの雪も降りました


ここ数年 桜の季節もモノクロが多かった僕だけど
今年はカラー&フィルムで撮ってみたい






2018/03/14

桜祭り



この写真は河津桜の桜祭りの時のものだけど
今年のソメイヨシノの開花も随分と早いみたい

「今年は何処へ出かけようかなぁ~」
そんなことを考えるのも春らしくてちょっとウキ
ウキするよね

2018/03/12

春めく



三寒四温
3月に入って暖かい日が増えてきた
寒かった今年の冬もいよいよおしまいだね

それに連れて花粉はピーク (>_<)
週末は土曜日をを外で過ごすと日曜日は
完全ダウンで自宅から出れない状態
いい天気なのでこれ程勿体ないことはない