2017/11/28

ライカCL


M10の薄くシンプルな上部

ライカCLが発表されましたね (←リンク)
来月発売らしい…

実機を触ってないので何とも言えないけど Webで写真や
インプレッションを見た感じではサイズ感はLeicaX1 X2
に近いらしいので個人的にはgoodなものの カメラ上部の
凸凹感?(特にホットシューから内蔵EVFのあたり)がど
うも気になります

今一つ洗練されてなくて何かライカらしくない

そんな印象です

18mm(換算27mm)のパンケーキを付けたボディはコンパクト
にまとまっててまさにLeicaX2を彷彿させるんだけどなんか
今一つピンと来ないんですよね~
M型デジも10年でようやくこの薄さになって違和感が無くな
ったので、CLもそういうことでしょうか

まあレンズ込み50万円というプライスですから そう簡単に
欲しくなってもお財布が困るだけなんですけどね(笑)

P.S
きっと触ったら凸凹部分も含めて質感は流石のライカなん
だと思いますが

2 件のコメント:

  1. おはようございます ! !
    ライカが好きな人はとことんライカを使うのでしょうから
    コンデジもライカで揃えたいと思うのですが
    だけどライカのコンデジは結構な値段がしますね
    メインを普通のボディーのライカとするとサブはやっぱりXシリーズでしょうか
    となると、このCLシリーズはちょっと中途半端かな
    ......と、個人的には思います ^^;

    返信削除
    返信
    1. 実際、フジのX-Pro2なんかを使ってるとM型のサブというより場所や被写体によって
      使い分けてるイメージの方が強いです。
      重さはともかくとしてボディの大きさもほぼ変わらないどころか若干大きくもありますしね。
      なので、僕の場合M型のサブとなるとGRだったりX2だったりします。
      CLはサイズ的にX2に近いイメージなので、18mmのパンケーキを装着することを前提にすると
      十分M型のサブとしても機能するのかな?と思ったりもしますね。
      このあたりはまさに人それぞれだとは思いますが。。。。

      削除