2017/07/18

Marina & Farm


Marina & Farm

暑い日だってこんなに海風が心地よいテラスなら
積極的に外メシだね…

2017/07/16

夏の朝


蓮のシャワーを浴びて…

暑い日が続きます
涼しげな1枚を貴方へ


double exposure

2017/07/13

Nokton classic 35/1.4 SC




Nokton classic 35/1.4 SC

今更ながらこのレンズの話である
発売と同時に購入したので所有してもう9年になるが 最近
このレンズを改めて見直している

というのもプリントするととてもいいのである
同じ焦点距離 明るさではsummilux35/1.4 asph.があるけど
その描写とは全く違う
開放の描写を比べてみるとsummiluxはピント面は恐ろしく
シャープでそこから急激にとろけるように背景がボケる
ゆえにまるで3Dのような立体感のある描写となる

その一方でNoktonの描写はそもそもピント面から滲んでお
り背景のボケも独特である
summiluxの描写を官能的というならNoktonは感傷的と言
ったらよいだろうか…

特にプリントするとピント面の滲みもモニターで見るほどで
はなくなり その一方で全体的な印象として何とも言えない
センチメンタルな雰囲気が漂う写真となるのである


2017/07/12

次期GR




僕のコンデジはかれこれ12年間ずっとRICOH GRシリーズだったりする
今使っているGRも既に4年を経過している
約2年毎に新しいGRが発売されているけど僕は大体1世代飛ばして4年
サイクルで買換をしてきた
そう決めて買換えているわけではないが 大体4年も経てば技術的なブ
レークスルーもあったり使ってるGRがボロくなったりで結果的にそんな
買換え周期になっている

余談ではあるがデジタルカメラにあって発売周期が2年というのは相当
長い(いわんや僕の買換え周期は…である(笑))
それでも大した不満もなく他のコンデジに目移りすることもなく逆にこ
のカメラが無いと困るよなぁ~と思わせるところはこのカメラの素晴ら
しさを雄弁に物語っていると思う

話は戻して現行のGR IIの発売は2015年7月であったので通常ならそろ
そろ新機種ということになる
昨今のRICOHはというと本業のコピー機事業での大苦戦が伝えられ 加
えてカメラ事業も赤字であることからカメラ事業撤退の憶測報道もされ
ている状況である

果たして予定どおりNew GRは発売されるのだろうか?

今使っているGRにあまり不満はないけれど後継機がないというのはオ
ーナーとしては残念極まりないし 故障等を考えてもたら不安である

最近になってリコーさんのオフィシャルストアにGR専門ストアが開設さ
れた
何かの前触れではないかと密かに期待しているところである (笑)

買換えは...う〜ん
レンズが一段明るくなったらそうするかな?(笑)

2017/07/06


鵠沼海岸

こちらはフォクトレンダーのSWH15/4.5…
僕のは最新のIIIじゃなくてIIだけど C Biogon21/4.5
と併せて僕のF4.5超広角コンビ (笑)
どちらも超コンパクトなのがとてもいい


2017/07/04


風が流れる

このレンズは最近のキレッキレのレンズとは
また一味違う描写をする
僕の印象ではボケとか線とか何かを誇張する
ことなくごく自然な描写をするのがこのレン
ズの魅力であると思う
歪みが少なく周辺の描写もいいので上記の特
徴と合わせて観ていてとても気持ちが良い

丸~いものが丸~く写る

そんなレンズ

ディスコンになって久しい2016年春
国内には既に新品在庫がなく 遠くプラハから
僕の手元にやってきた