2017/06/20

M10の不満点



総じて気に入ってるM10だけど不満点を2つ

・jpegの色空間が選べない(sRGBのみ)
・レンズ検出autoのまま6bitなしレンズを装着すると勝手に21mmと記録される

M9-PではadobeRGBを選べたし 6bitなしの場合はunknown的な
ものになっていたので僕からすると両方とも機能ダウンしたよう
な印象
レンズ検出の件はともかく adobeRGBでjpegを記録できないのは
(他カメラはadobeRGBに設定しているので)意外と不便
いっそカメラが生成するjpegはすべてsRGBで保存して拘ってプリ
ントする時だけRAWからプリントするフローにするか検討中

4 件のコメント:

  1. voyagers-x
    おはようございます!!
    ほんの二つの不満
    だけど、この二つはこまりますね
    どうして21mmの記載になってしまうのでしょうね
    色空間の世界標準はsRGB?

    長所と欠点、必ずどんなものにもありますね

    返信削除
    返信
    1. 意外に細かいところで違っていて戸惑います。(笑)
      僕の理解ではプリントまでするならadobeRGB、.webならsRGBの理解ですけど。

      削除
  2. おや、色空間がsしか選べなくなってしまったとは! 
    プリント時にいちいちRAWからの作業にするのも手間のかかる事ですがLEICA独特のM10は最高のチューニングを
    施しているのだからsだけ、これでいいのだ、なのでしょうか。
    それにしても流れる様に視線を奥に誘う前ボケからのフォーカシングはM10ならではのアドバンテージかと思います。
    M-9P、M、M10と後継機種にそのつど進化を続けるLEICA、悔しいけれどまだまだ憧れ続けてます^^;

    返信削除
    返信
    1. coba-gさん、そうなんですよ。なんでかわからないんですけど、jpeg設定からadobeRGBがなくなっちゃったんですよね〜。

      M10、一生モノです。(^^;

      削除