2017/08/17

冷夏


冷たい夏

冷たい夏...
8月らしかなぬ雨の日が続く
いつかの僕の誕生日もそうだった

2017/08/15

シャッターフィーリング X-Pro2



好みの問題はあるけど このカメラのシャッター
フィーリングは相当いいと思う

このことはこのカメラを最初に手にした時から
ずっと感じていることだけど 何かの拍子に「あ~
やっぱりいいな」とふと感じて思わず頬が緩ん
でしまう





2017/08/13

Leica X2


神楽坂

ワンテンポ遅い起動にシャッターチャンスを逃したり
AFがなかなか合わなかったり
想定外のシャッタースピードで手振れしてたり…

だんだんLeica X1を使ってた頃の感覚を思い出してきた(笑)

このカメラはこのサイズ感と画がすべて
他は使い手が補えばいい

2017/08/02

ポケットに入るライカ


TERRACE TIME

少し前のことだけど...
今更ながらLeica X2を買った
ディスコンになって久しいのでもちろん中古

2017/07/31

35mm



以前もどこかで書いたかもしれないけど僕は長い間
どちらかと言えばズミルックスよりズミクロンを好
んでいた
確固たる理由はないけど 何となくどんな状況でも安
定した描写が得られていたこととコンパクトな鏡胴
を好んでの結果だったと思う

そんな僕がズミルックスを使うきっかけになったの
は2015年に買ったMモノクロームの存在だった
ローバスフィルターレス&カラーフィルターレスで通
常モデルより より一段とシャープな描写を得られる
はずのボディでライカで極めて評価の高い(値段も高
い^^;)最新のレンズを使ってみたくなったという単
純な理由からであった

以来 僕はこのレンズをメインに使うようになった
50mmについてはズミルックスの他に第2世代のズミ
クロンを使うこともあるけど 35mmに関してはズミ
クロンを使うことは正直なくなってしまった(僕が8
枚玉などを所有していれば話は違ったかもしれないけ
ど(笑))

僕の今の35mmレンズの使用状況はこのズミルック
スが8割で残りの2割をノクトンとズマロンが分け合
っいる感じか…
世間でよく言われるレンズの味とかはよくわからない
けどそれくらいこのレンズを気に入っている

2017/07/26

カメラストラップ



これまで色々なストラップを使ってきたけど ここ数年は
ライカ純正のストラップに落ち着いている
なので フジのカメラにもストラップはライカである (笑)
ライカ純正といってもカメラに付属のものではなく別途
購入したもの
というのもこれまでMP M9-P MMともに付属のストラップは
革製ではなく布製の それもあまり拘りのない(と僕には見
える)ストラップであったからだ

ところがM10に付属してたストラップは革製だった
なかなか良さげなので今回初めて付属のストラップを使っ
ている
革が少し硬いけどこのあたりは使っているうちに適度にエ
イジングされるのではないかと期待している

僕の場合 ストラップはそうそう取り替えるものでもないの
でちょっとだけ拘ってチョイスしている

2017/07/18

Marina & Farm


Marina & Farm

暑い日だってこんなに海風が心地よいテラスなら
積極的に外メシだね…

2017/07/16

夏の朝


蓮のシャワーを浴びて…

暑い日が続きます
涼しげな1枚を貴方へ


double exposure

2017/07/13

Nokton classic 35/1.4 SC




Nokton classic 35/1.4 SC

今更ながらこのレンズの話である
発売と同時に購入したので所有してもう9年になるが 最近
このレンズを改めて見直している

というのもプリントするととてもいいのである
同じ焦点距離 明るさではsummilux35/1.4 asph.があるけど
その描写とは全く違う
開放の描写を比べてみるとsummiluxはピント面は恐ろしく
シャープでそこから急激にとろけるように背景がボケる
ゆえにまるで3Dのような立体感のある描写となる

その一方でNoktonの描写はそもそもピント面から滲んでお
り背景のボケも独特である
summiluxの描写を官能的というならNoktonは感傷的と言
ったらよいだろうか…

特にプリントするとピント面の滲みもモニターで見るほどで
はなくなり その一方で全体的な印象として何とも言えない
センチメンタルな雰囲気が漂う写真となるのである


2017/07/12

次期GR




僕のコンデジはかれこれ12年間ずっとRICOH GRシリーズだったりする
今使っているGRも既に4年を経過している
約2年毎に新しいGRが発売されているけど僕は大体1世代飛ばして4年
サイクルで買換をしてきた
そう決めて買換えているわけではないが 大体4年も経てば技術的なブ
レークスルーもあったり使ってるGRがボロくなったりで結果的にそんな
買換え周期になっている

余談ではあるがデジタルカメラにあって発売周期が2年というのは相当
長い(いわんや僕の買換え周期は…である(笑))
それでも大した不満もなく他のコンデジに目移りすることもなく逆にこ
のカメラが無いと困るよなぁ~と思わせるところはこのカメラの素晴ら
しさを雄弁に物語っていると思う

話は戻して現行のGR IIの発売は2015年7月であったので通常ならそろ
そろ新機種ということになる
昨今のRICOHはというと本業のコピー機事業での大苦戦が伝えられ 加
えてカメラ事業も赤字であることからカメラ事業撤退の憶測報道もされ
ている状況である

果たして予定どおりNew GRは発売されるのだろうか?

今使っているGRにあまり不満はないけれど後継機がないというのはオ
ーナーとしては残念極まりないし 故障等を考えてもたら不安である

最近になってリコーさんのオフィシャルストアにGR専門ストアが開設さ
れた
何かの前触れではないかと密かに期待しているところである (笑)

買換えは...う〜ん
レンズが一段明るくなったらそうするかな?(笑)

2017/07/06


鵠沼海岸

こちらはフォクトレンダーのSWH15/4.5…
僕のは最新のIIIじゃなくてIIだけど C Biogon21/4.5
と併せて僕のF4.5超広角コンビ (笑)
どちらも超コンパクトなのがとてもいい


2017/07/04


風が流れる

このレンズは最近のキレッキレのレンズとは
また一味違う描写をする
僕の印象ではボケとか線とか何かを誇張する
ことなくごく自然な描写をするのがこのレン
ズの魅力であると思う
歪みが少なく周辺の描写もいいので上記の特
徴と合わせて観ていてとても気持ちが良い

丸~いものが丸~く写る

そんなレンズ

ディスコンになって久しい2016年春
国内には既に新品在庫がなく 遠くプラハから
僕の手元にやってきた

2017/06/30


紫陽花の中

少し前に親しくしていただいている人生の大先輩
の方から嬉しいお知らせをいただいた

blog再開しました  と。

写真を生業としている方なので写真について僕が
云々言うレベルではないのは勿論のこと 文章も
また僕を惹きつけるのです

ずっーとずっーと前にこのお方と知り合う前に僕
はこの方のblogを拝見していて色々教えていただ
いてたのだけど お仕事も忙しくしばらく更新さ
れてなかったので お会いする度に再開をしつこ
く懇願していたのでありました(笑)
ヤッター!(^^)

J-LIGHTS-KOICHIRO ITAMURA PHOTOGRAPHY

2017/06/28


魚屋

このレンズ リニューアルされるとかされないとか…

フジのACROSモード撮って出し…
MMともM10とも全く違うのが面白い



2017/06/26

写真を観ること


海と少年


いい写真を撮るための1つに ”良い写真を多く観ること" が
よく挙げられているけど 僕的にはそれは構図やカメラ&レ
ンズワーク等のテクニックを盗むというよりも たくさんの刺
激を受けて撮りたい欲求が増幅する効果の方が大きいと思う

多くの写真を観ることで写真そのものはもちろんのこと
プリントの仕方等も含めて自分の好みがわかってくること
も大きいと思う
結局 詰まるところ 写真を続けるためには自分の好きな写
真を撮り続けることが一番だと思うから まずは自分の好み
をちゃんと知っておくことはとても大事なことだと思う

写真展に出掛けるのもよし 好きな写真家のプリントを買う
のもよし 写真集を買うのもいい
ただ一つ問題なのはプリントにせよ写真集にせよ これらの
ものは少し高価だということだ

私事だけど ここ1ヶ月でマグナムのスクエアプリント(額装
入り)1枚と写真集を2冊買った
いずれもまだ手元に来ていないけど そろそろ到着するの
では?と楽しみにしているのだけれど おかげで僕の財布
は相当薄くなった
手元においていつでも何度でも眺められるので安いとも
言えるけど やっぱり痛い (笑)



2017/06/25

33.7mmの恩恵



ボディの厚さがたった数ミリ薄くなったからと言って
これほどまで騒がれるカメラは他にないだろう
ライカ自体も”M型フィルムカメラのようなスリムなボ
ディ”と第一の特徴としてアピールしている
かくいう僕もこの点に相当惹かれた1人だ

約1か月使ってみた感想は”やはりこの違いは僕にとって
は非常に大きなもの”だった
正直 重さもM型フィルムカメラより相当重いこともあっ
て厚さがM型フィルムカメラ並みだからといってM型フィ
ルムカメラと感覚的にとても近いという印象はない
それでもこのM型デジタル史上最もスリムなボディは僕
の手にしっくり来てそのサイズ以上にコンパクトに感じる
違和感がなくなったという言い方が僕の正直な感想に近
いかもしれない

僕は男性にしては手が小さい
この点もフィーリングに大きく関係していると思う
逆を言えば手の大きな人やM型フィルムカメラを持つこ
となくtyp240あたりを使っている人には全く印象が違う
のではないかと思う

いずれにせよ僕にとってはこれまでのMデジタルにない
撮りやすいカメラになっている

2017/06/22


空梅雨

昨日の豪雨が嘘のように今日はまた晴れ
梅雨らしいシトシトと降る雨は何処に?

このままだと紫陽花も色褪せてしまい
そうだね...

2017/06/20

M10の不満点



総じて気に入ってるM10だけど不満点を2つ

・jpegの色空間が選べない(sRGBのみ)
・レンズ検出autoのまま6bitなしレンズを装着すると勝手に21mmと記録される

M9-PではadobeRGBを選べたし 6bitなしの場合はunknown的な
ものになっていたので僕からすると両方とも機能ダウンしたよう
な印象
レンズ検出の件はともかく adobeRGBでjpegを記録できないのは
(他カメラはadobeRGBに設定しているので)意外と不便
いっそカメラが生成するjpegはすべてsRGBで保存して拘ってプリ
ントする時だけRAWからプリントするフローにするか検討中

2017/06/09


素顔

Magnum Photoで5日間限定のセールが開催されている
著名な写真家のサイン入りプリントが$100。
こんなの前からやってたかな?

僕はアーウィットのを1枚購入した

日本時間で明日の朝8時まで

2017/06/07

M10 w/ C Biogon21/4.5 ZM



(写真はsummilux50/1.4だけど) M10は斜めからの
入射性能が良くなっているという話だったので
手持ちのC Biogon21/4.5ZMをテストしてみた

結果は...
ん〜変わらずマゼンダ&シアンドリフトが起きま
すね
ちょっと期待してたので残念 _| ̄|○

引続きモノクロ使用or Capture Oneで除去するこ
とになりそうです (^^;


2017/06/02

BenQ SW2700PT


夏の日差し

先日BenQという初めてのメーカーのモニターを
買ってみた
SW2700PTというキャリブレーション機能搭載の
27インチディスプレイ
下衆な話だけどキャリブレーションが出来て6万
円ちょっとのお値段はこれまでの常識からすれば
破格のプライスだと思う
耐久性はわからないけど色ムラもなくとても良い
感じだ
画面が一発でモノクロに変わるのも面白い(笑)

なかなか良い買い物だった



2017/05/31

M10とM9-P


(上) Leica M10 w/summilux35/1.4 asph.
(下) Leica M9-P w/C Sonnar50/1.5

レンズも焦点距離も全く違うけどM9-Pの画の特徴
の1つである低照度下での撮り比べ (1つ前の写真
も合わせて見ていただきたい)

(正しい色かどうかは別として)こういう深い色味
はフジのカメラやtyp240では出ないと思う
M9-Pと同じか?と問われれば違うと思うけどM9
直系の色味ではあると思う
この点は僕にとってM10を買うにあたり最も気に
なる点だっただけに自分で撮影してみて予想して
いたとおりの結果に大満足であった

なかなかいいじゃないか >M10(笑)



2017/05/23

M9-Pのこと


M9-Pのセンサーのコーティング層が剥離する問題...
これまでは剥離が認められた場合は無償交換だった
のが8/16以降は有償になるらしい
オーバーホールと合わせて98,604円也…
別途typ240へのアップグレードメニューも用意され
ているけど 正直どうしたもんだか…

僕のはこれまで剥離の症状はないんだけど 早く症状
が出て無償期間中に交換してもらいたいと思ってしまう
何か病気になって欲しいと願うみたいで嫌な感じだ

M10来るしもういらんかな?(笑)

P.S
でも この感じの描写 好きなんだよな...

2017/05/06

2017/05/01