2013/04/24

double exposure


x-e1,xf 60/2.4 macro

帰って写真見たらこの日は多重ばっかだった ^^;


 レンズのこと・・

ビックリするような性能のレンズで撮った写真を
見ると解像感だったりコントラストだったり
シャープさだったり そういうことに目が奪われて
写真本来のものが心に響かないことがある
写真が上手すぎる場合も然り・・

レンズとかカメラの性能は良いに越したことは
ないのだろうけど
それとそのレンズで撮った写真が本当の意味で
観る人を魅了できるかは別のこと
測定器によるレンズ性能では圧倒的にツァイスに
負けていたライカレンズが撮った写真を見ると
そこに立体感とかなんかが写って好ましく思うように・・・

このレンズで撮った写真を見てふとそんなことを思った

ツァイスのレンズよりライカの方がいいとか
フジノンレンズの性能が数値的に劣っているとか
そういうことではなくて・・



0 件のコメント:

コメントを投稿